ランサーエボリューションVIII MR ランサーエボリューション★マニアックス

2007年10月11日

ランサーエボリューションVIII MR

2004年2月発売。形式名"GH-CT9A"。通称"エボVIII MR"。

ギャランGTOから続くMitsubishi Racingを意味するMRのネーミングを冠した、エボVIIIの熟成型モデル。しかし、その内容はエボIXを名乗ってもおかしくないほどにエボVIIIから進化を遂げた。

ビルシュタイン社製ダンパーを採用。ルーフやドア内部のサイドインパクトバーをアルミ化して軽量化した。量産車で初めてルーフをアルミ化し、約10Kgの軽量化を達成した。

アルミホイールはエボVIIIのエンケイ社製の17インチ6本スポークに加え、BBS社製の17インチ鍛造軽量アルミホイールがメーカーオプションとなった(エボIX、エボワゴンにもメーカーオプション)。

外見でのエボVIIIとの違いは、ヘッドライトとリアコンビランプがブラックアウトされたことと、ウイング翼端板がガンメタリック(アイゼングレー)という点のみである。

また、このモデルではタービンがエボVおよびエボVIと同じ大容量のタービンにサイズ変更されている(GSRのみ。RSはエボVII、エボVIIIと同じタービン)。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。