ランサーエボリューション[ ランサーエボリューション★マニアックス

2007年10月10日

ランサーエボリューション[(8)

2003年1月発売。形式名"GH-CT9A"。通称"エボVIII"。

本モデルはスバルに在籍した事のあるデザイナー「オリヴィエ・ブーレイ (en:Olivier Boulay) 」がフェイスリフトを担当した。

前面デザインの通称「ブーレイ顔」(VIII以前は通称「ガンダム顔」)が大不評で、エンジン冷却性においても難があった。そういう意味ではランエボらしくない“退化”であった。

AYCの内部構造を見直し、制御トルク量を増加させたスーパーAYCを採用(RSは純正で1.5WAY機械式LSD、スーパーAYCはオプション)。リアスポイラーが国産量産セダン初のカーボン製になった。

MTもついに6速が採用され、海外市場への輸出が正式に開始された。スーパーAYCの性能と評価は高く、操縦性でライバルのインプレッサを超えたと言われた。また、年々増加している盗難対策に、本モデルからはイモビライザーが全グレード標準装備となった。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。