ランサーエボリューションY ランサーエボリューション★マニアックス

2007年10月10日

ランサーエボリューションVI

1999年1月発売。形式名"GF-CP9A"。通称"エボVI"。

ラリー現場の要求もあり、空気抵抗及び冷却性能、またフロントリフトの改善を目的として、ナンバープレート位置のオフセットおよびフォグランプの小径化等による前面開口部形状の見直し、リアスポイラーの2段ウイング化など空力を改善したモデル。

しかしWRCではこの2段ウィングがレギュレーション違反(メインレギュレーションである、WRカー規定では2段ウイングが禁止)と認定され、下段とトランクの間にあった隙間をカーボンパネルで塞いでいる。

前モデルのエボVでは足回りが「硬すぎる」と街乗りには向かない事を指摘された。そこでロールセンター軸をVより高くし足回りを多少ソフトな仕様になるよう変更された。

しかし、足回りの仕様を変更した結果、全日本ラリー等の競技ではエボVに勝つことが出来ないという逆転現象が起きてしまった。その為、RSにはエボVの足回りをオプションで選択可能となっている。

エンジンの馬力・トルクはエボVと変わらないが、冷却オイル路内蔵のクーリングチャンネル式ピストンの採用や冷却水レイアウトの変更やオイルクーラーの大型化などエンジンの耐久性と信頼性の向上を図っている。また、このモデルからRSに純正でチタン合金製タービンが採用され、タービンブレードの慣性力を50%低減している。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。