ランサーエボリューションX ランサーエボリューション★マニアックス

2007年10月10日

ランサーエボリューションV

1998年1月発売。形式名"GF-CP9A"。通称"エボV"。

エボV以前のモデルのランエボは、動力性能の高さに比べ、操縦性が低い事が唯一の欠点であった。その欠点を払拭すべく、1770mmのワイドボディを初めて採用し、幅広タイヤの装着(エボIV 205/50R16→エボV 225/45R17)、アルミ鍛造ロワアームの採用、フロント17インチ4ポット・リア16インチ2ポット対向のブレンボ社製キャリパー、角度調整式リアスポイラーを装備、タービンもノズル面積アップ(エボIV 9cm²→エボV 10.5cm²)、ブースト圧のアップによりトルクもエボIVから+2kg-mの38.0kg-mに高められている。

但し、馬力は自主規制値一杯の280馬力に収まっている(ただし、エンジン実測馬力は274馬力)。ブレンボキャリパーの採用、フロントヘリカルLSD、17インチタイヤを標準採用(RSはブレンボ、ヘリカルLSD、17インチタイヤはオプション)したことにより、制動力が大幅に改善され、従来の「止まらない」「曲がらない」というイメージを完全払拭し、ランエボを「トラクションの化け物」に昇華することとなった。

本モデルの完成度の高さはWRCでも筑波サーキットでも実証され、WRCでは改造範囲の狭いグループA規定のマシンでありながら改造範囲の広い他メーカーのWRカーを圧倒してマニュファクチャラーズ、ドライバーズ、GrN優勝の完全制覇を飾り、筑波サーキットではGT-Rキラーの名をほしいままにした。まさしくステージを選ばない、縦横無尽の活躍をした歴史的名車である。

更に本モデルは歴代ランサーエボリューションの中でも圧倒的な人気を誇っており、発売されてから年数が経過した今でもその人気は衰える事を知らない。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。