ランサーエボリューションW ランサーエボリューション★マニアックス

2007年10月10日

ランサーエボリューションIV

1996年8月発売。形式名"E-CN9A"。通称"エボIV"。

ベースモデルのランサーが前年にフルモデルチェンジしたのを受けて、新しいボディに進化。それに伴い、第一世代からエンジン搭載方向を逆にしカウンターシャフトを廃止。効率を高め、あらゆる部分で全く違うマシンに進化した。

特筆すべき点は、左右の後輪への駆動力を制御するアクティブ・ヨー・コントロールの採用。これにより、エボIIIに比べて大幅にコーナリング性能を高めた。しかし、エボIVに搭載されたAYCは異音が発生するといったトラブルの発生率が高く、不評も多かった。

その為、サーキットやジムカーナ等の競技ではフロントにヘリカルLSD、リアに1.5WAY機械式LSDが装着されたRSというグレードが指名買いされた。ちなみに、GSRのフロントデフはオープンデフが装備されている。HKS関西サービスがコンパクトLSDを発売するまでは、GSRユーザーはこの異音に耐えるしかなかったという。エンジン出力はツインスクロールターボの採用、二次エア供給システム及びタービンのノズル面積アップ、ブースト圧のアップにより国内自主規制値の280馬力に到達した。

歴代のエボ同様に限定生産という形を取ったが、ライバルであるインプレッサに注目が集まった事と、増加した車体重量に対してタイヤなどの足回りに余裕がなく、価格が上昇したにもかかわらず強気な販売を行った結果、在庫がだぶつく現象を起こしたが、人気車としての地位は揺るいではいない。

他のランエボと比べ、ある程度スッキリとしたデザインであったこと、最後の5ナンバーサイズエボのため、それを好むユーザーも少なくないという。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。